中国産のうなぎを国産のうなぎと表記した疑いで、村井三雄容疑者47歳が逮捕されました。事件の発覚は、今年始めに保健所が村井三雄容疑者が経営する、うなぎ料理店のうなぎを調べた所、基準値を超える農薬が含まれていたことがきっかけに、事件が発覚しました。

事件概要

村井容疑者らは今年1月、福井市内で経営するウナギ料理店「曙覧」で、中国産であるにもかかわらず店のメニューやのぼりに「三河産」や「静岡産」などと表示し、国産ウナギが使われていると誤認させた不正競争防止法違反などの疑いがもたれています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-00000446-tokaiv-soci

村井三雄容疑者について

名前:村井三雄

年齢:47歳

住所:愛知県

職業:飲食店経営者

 

村井三雄容疑者のうなぎ料理店

曙覧⇒http://akemi-unagi.com/

 

今回の事件発覚により、人気料理店が閉店の危機にさらされるのは間違いないだろう!!今まで国産のうなぎだと思っていた方が、この店にくる可能性が低いからだ。

村井三雄容疑者は警察で容疑を否認しているようで、言い訳が「自分がやったことではない」と言っているようだ。警察は詳しい経緯を調べているようだが、逮捕は間違いないだろう。

 

今回の事件で、中国産と国産のうなぎの違いを少し調べてみると、国産のうなぎは身が薄く固く

中国産のうなぎは分厚く弾力があるようだ。

 

もしかすると、国産よりも焼き方などの違いによりふっくら柔らかく感じる人も多いのではないでしょうか?うなぎをよく食べている人はともかく、たまにしか食べない人には、判断が出来ない可能性が高いようだ