2月6日NHK記者の弦本(つるもと)康孝容疑者が20代の女性の家に入り、強姦致傷の容疑で逮捕されました。

弦本(つるもと)康孝容疑者は山形県のNHKの記者をしていて、警察では「わかりません」と話しています。

事件の詳細や弦本(つるもと)康孝容疑者について調べてみました。

 

事件概要

事件があったのは、今から1年前の2016年2月23日

山形県に住む20代の女性の家に入り、2週間のけがと性的暴行を加えられたことが分かっている。

警察で弦本康孝容疑者は「覚えていない」と話していて、事件を認めていない。

 

事件の動機は?

警察で容疑を認めていないので、動機はわかっていないのですが会社でのストレスや人間関係で悩んでいた可能性が高いと言われています。

 

弦本康孝容疑者のプロフィール

名前:弦本康孝

年齢:28歳

職業:NHK記者

住所:不明

 

 

 

ネットの反応


 

まとめ

NHKは過去にも犯罪を犯してしまった職員がいて、ネットではNHKの闇があるのでは?と話題になっているようですが

個人的に弦本康孝容疑者の警察での取り調べで

「わからない」という返事には納得が本当にいかない!他の人の家に入って怪我を負わせるまで暴行したのに覚えていないわけがない!

同じようなことを何回もしていたからわからないのか?

それなら警察でもっと詳しく調べて欲しいし

今後このような事件が日本からなくなればいいですね